IKEのTCG雑記

カードゲームについて不定期に意見を垂れ流す雑記です

【サンプルレシピ付】星神の伝説(SFL)徹底評価:エルフ編

どうもお久しぶりですIKEです。

シャドウバースの記事を書くのは初なので、はじめましての方もいるのかな?


シャドウバースの新弾評価はこの時期本当によくみかけるんですけど、いつも懐疑的な評価が多いので、自分でやってみよう、というのが今回の投稿。


それとも本当に強いカードは言葉を濁してるんでしょうかね。

RAGEやJCGと常に大型大会もありますし、言いたいことも言えない世の中です。


前置きをこの辺で、第一回はエルフ。信用に値するかは文章読んで判断していただければと思います。

あ、サンプルレシピだけさっさと見せろ、って人のために先に貼っときますね。  


typeA

f:id:IKE_coj:20170926004224p:plain

typeB

f:id:IKE_coj:20170926121425p:plain


f:id:IKE_coj:20170924222711p:plain

※本記事に使用している画像は、すべて「サイコミ」の掲載から引用しています。

https://cycomi.com/


<評価基準>

S+、S、A、B、C、Dの6段階評価。構築戦でどれだけ採用率が高くなりそうかを基準にしています。


ロイヤルを例にすると


S+:強すぎる(ナーフ対象級)

例) ロイヤルは特になし

他クラスなら水竜神の巫女、魔将軍ヘクターなど


S:一線を画す高いカードパワーがあり、長期間に渡って主力として採用されるであろうカード

例) レヴィオンセイバー・アルベール


A:コストを超えたカードパワーがあり、時々の環境で主力として採用されるであろうカード

例) 円卓の騎士・ガウェイン、シンデレラ、トランプナイト招集、赤ずきん・メイジー、ルミナスメイジ、レヴィオヴァンガード・ジェノ


B:環境に採用される十分なパワーを持つカード

例) アレキサンダー、不滅の英雄ローラン、ファングスレイヤー、レオニダス、渾身の一撃、火遁の術、旋風刃、若き鬼狩人・モモ、ニンジャアーツ、ブリッツランサー、旅ガエル、マスタークノイチ


C:最終的に環境に残らないかもしれないが、選択肢には入るカード

例) ジョリーロジャー、シャドウアサシン、刃ネズミ、サムライ、ネイビーガードシモーヌ


D:不採用

例) 天空城


カシオペア

評価A

f:id:IKE_coj:20170924235949p:plain


非常に強力で使いやすいカード。エルフクラスには対アグロ〜ミッドレンジに有利、という役割をもたせたい意思が伝わってきます。


≪森の意志≫に1コス足して3/3がついてくるだけでもコスト比で優秀ですし、何より盤面でマウントを取れることが雲泥の差です。


リセットを繰り返すだけでは(手札差が開くか遅延することにメリットがない限り)防戦一方ですが、このカードは相手に処理を要求させられので攻守が交代します。


≪ルナルの魔術師・プリス≫と≪死の舞踏≫の差をイメージするといいと思います。


また、≪森の意志≫は盤面のスタッツが手札枚数以上だと絶対に更地にならない、当たりどころによっては博打、という明確な弱点がありましたが、このカードは当たり方をみて進化を切ることができるので使い易さは≪森の意志≫より数段上です。


3/3は2コス除去や≪ヘクトル≫であっさり返せるのでマウント力が低めなのは残念なところ。


4/4か3/5だったらSつけてました。


キングエレファント

評価A

f:id:IKE_coj:20170925000036p:plain


エルフ待望のNewフィニッシャー。めちゃくちゃ強いです。Sつけたいレベルですが、一応、白狼やリノありきのカードなのでA。


≪リノセウス≫はやっと卒業…ではなく併用となります。本当カブトムシ一生使うクラス。


≪白銀の矢≫でよくね?という声をちらほら聞きますが、とんでもない。白銀は手札枚数を維持した状態をキープしないといけない制約がありますが、こいつは少ない手札でバーストダメージを叩き出します。


基本的な運用は≪古き森の白狼≫から0コストで手札に加えてとなります。


例えばハンド3枚(エルフがこんな少ないことは稀ですが)で、≪フェアリーサークル≫と≪リノセウス≫と0コスのこいつしかハンドになく盤面は更地とします。さて、何点入るでしょうか?


実はこの3枚で16点出ます。んなアホな

(PPもピッタリ9です)


内訳は以下の通り

フェアリーサークル→フェアリーフェアリー→リノ(4点)→0コスエレファント(4点)→フェアリーフェアリー→リノ(8点)


今まで自然の導きや複数枚のリノがないとバーストが困難だったエルフですが、白狼とリノ1枚とあと適当で、とんでもないダメージ出せるようになります。

事故要因になりやすかった導きの枚数を減らすor0枚にすることも視野に入り、構築の幅が広がりますね。


こうなるとアグロで引き殺したいところですが、≪カシオペア≫や≪対空射撃≫の追加もありそう簡単に突破できないのがエルフの厄介なところ。守護を立てつつ攻める、という昔ながらの対策でなんとかしたいですね。

あとは獅子ビショップなどで≪カシオペア≫でも返せない盤面をつくり早期に殺しにかかる…などでしょうか。


暗き時代が続いたエルフ、復権なるか?

天敵は≪不滅の英雄・ローラン≫


ヴィーナス

評価B

f:id:IKE_coj:20170925011421p:plain

f:id:IKE_coj:20170925021148p:plain


僕らの≪収穫祭≫が強くなって帰ってきた!と喜ばしい限りで、勢いでAつけるか悩んだのですが、冷静にそこまで強くなさそう。


5ターン目は≪エルフプリンセスメイジ≫や≪歴戦の傭兵・フィーナ≫に進化切りたいな、と思ってしまったのと、収穫祭の恩恵が中々生まれない(引けて2〜3枚)と思うのでややマイナス評価。


新フィニッシャーのエレファントが手札枚数を要求しなくなったのと、6ターン目以降に細かいカードを複数枚使うようなゲーム展開あんまりないかなぁと予想するからです。≪カシオペア≫、≪クリスタリア・エリン≫、≪エルフクイーン≫あたりのデカいのを叩いていきたい。


魔族の少年・ザイン

評価C

f:id:IKE_coj:20170925013256p:plain


先4アリスの3/3に有利トレされないグリームニル。

決して弱くはないけど、エルフの3コス枠は激戦区。≪エンシェントエルフ≫、≪大魔法の妖精・リラ≫、≪ミニゴブリンメイジ≫でカツカツなので彼女たちを押しのけての採用は…きびしい。


かといってアグロエルフで使える性能でもないし…うーん。条件なしで交戦時+1/0ならよかったかも。グリームニル潰して横殴れるから。


個人的には、効果がエルフらしくない違和感を覚える。


新緑の加護

評価C

f:id:IKE_coj:20170925014234p:plain


今弾のアグロエルフ強化その1。

バフのタイミングが弱すぎる。どちらかといえば≪対空射撃≫で使い回す方法がメインになりそうだけど、そんな事故要因いれていいものか…同弾の≪スターリーエルフ≫で引っ張って4ターン目に置くのがまだスマートか。


ただ、アグロエルフというアーキタイプ自体、ニュートラルにビート性能も盤面強度も劣っているのが悲しいところ。

≪リリエル≫や≪御言葉の天使≫の矢が飛び交う環境で、≪カシオペア≫まで出てきた始末だしね。


エルフシンガー・ポルカ

評価D

f:id:IKE_coj:20170925015735p:plain


≪クイーン・メイヴ≫を見習って3/3で出直してきてほしい。

WLDに≪アックスガール・アビー≫ってカードいたよね、あっちの方が強いよ…。

2pickですら足手まといなのは救いがない。


自然の教え手・アレア

評価B

f:id:IKE_coj:20170925020921p:plain

f:id:IKE_coj:20170925021130p:plain


先手でも後手でも使いやすい優秀なカード。第二効果はあんま狙わなくとも、こいつを進化で取りに来たユニットを返しに焼くだけで優秀。


アグロエルフで真価を発揮するカードですが、他のエルフにも入る可能性はあります。

1コストにした蔦の魔弾でグリームニルや祝福ゾンビをこじ開けてのリノは強そうですね。


忌刃鬼

評価D

f:id:IKE_coj:20170925022119p:plain


構築戦では入りません。ですが、2pickではエルフ待望の強力な5〜6コストです。交戦時AOE1点が優秀なのは≪キャタラクトビースト≫が証明済み。


交戦時1点により進化時8/7のスタッツ。これは同6コス最強レベルのスタッツ、アックスファイター7/8にすら有利トレードを許しません。


エルフは低コストに固まりパワー不足になりやすいですから、基本はマストピックです。


妖精の調べ

評価C

f:id:IKE_coj:20170925232838p:plain


アグロエルフ強化その2。書いてることよりも、使ってみると強い系です。

4表でフェアリー×2→妖精の調べとつなげて2/2を2体並べつつ、全体1/1バフは、決まればアリス並みに強力。


また、このカードで加えたフェアリーを再びフェアリー×2→妖精の調べで無駄なく使えるため複数枚引いても腐りづらいのも◎


フェアリーサークル→フェアリー×2→エンシェントエルフ→フェアリー×2→妖精の調べは、新たな押し付けムーブとなり得るか?


心優しきエルフ・フィト

評価C

f:id:IKE_coj:20170925233850p:plain


効果が回りくどいわりに、効果を満たしてやっと≪スイーツウィッチ≫。優秀な2コストが豊富な通常のエルフで採用枠はありません。


しかし、アグロエルフでは採用の可能性あり。序盤は≪新緑の加護≫、後半は6コストでこのカード2枚と≪妖精の調べ≫で3/3を2体並べて2ドローと、2コストの引きすぎによる手札の枯渇を防ぎます。


勿論、引いた手札で攻めるプランが必要ですが、見かけ以上の性能を発揮するでしょう。


2pickでDRKスタン落ちに伴い、2/2/2の枚数を補填するための追加の意味もありそう。


スターリーエルフ

評価B

f:id:IKE_coj:20170925233922p:plain


ヴィーナスしかり、冥府エルフの復権を匂わせつつ、どのアーキタイプでも採用の可能性がある、汎用性が高いグッドデザイン賞

3/2/2サーチャーが優秀なのは≪プリズムプリースト≫や≪ミニゴブリンメイジ≫が証明済み。


基本のサーチ先は≪茨の森≫。サーチすることで後手の2/3に有利トレードを許さないのは、同系の弱点を軽減している。

アグロエルフなら≪新緑の加護≫や≪森の音楽隊≫を1〜2枚入れておくと面白そうです。


イピリア

評価B

f:id:IKE_coj:20170925233956p:plain


アグロエルフ強化その3。アグロエルフ待望の強力な準フィニッシャーです。

エルフ版≪マスタークノイチ≫。スタッツを統合して体力が+1されてます。


マスタークノイチの弱点だった「進化で有利トレードにならないため、守りに入るとプレイしづらい」という問題も、最悪7/6というスタッツでカバーできるため、非常に使いやすいです。


ドラゴン相手にも優秀で、このカードを連打しているだけでも毎ターン5点。マスタークノイチ連打は、誰か殴った瞬間に≪サラマンダーブレス≫や≪サハクイエル≫が裏目でしたが、このカードはその裏目がありません。


対空射撃

評価B

f:id:IKE_coj:20170925234123p:plain


環境の高速化に対応した≪自然の導き≫。これからのエルフで標準的に採用されるとみています。

バウンスはメリットとして働きやすいエルフですから、単純に1コス3点焼きは優秀。

リノバーストを通す際にも、死の祝福やグリームニルなどの守護を焼ける隙のなさ。


勿論、手札が減るなど導きとは用途が違いますが、導きとリノが被りすぎて、何もできずに轢き殺されるという事故が起きづらくなります。


新弾のエルフは白狼が通ると即死に近いですから、序盤で押し切りたいところを咎める1枚。攻守に隙のないクラスとして復権しそうです。


<総括&サンプルレシピ>


新弾は≪カシオペア≫、≪キングエレファント≫、≪対空射撃≫による白狼エルフ復権の兆しが見えます。それに加えて、アグロエルフがかなりの強化を受けているので、メタゲームの裏をかけば環境に食い込む可能性も十分ありますので、楽しみですね。


最後にアグロエルフのサンプルレシピを再掲して今回は終わりです。


typeA

f:id:IKE_coj:20170926003857p:plain

typeB

f:id:IKE_coj:20170926122012p:plain


本当はロイヤルまでレビューしたかったのですが、力尽きました。反響があったら全クラス書くので、拡散してもらえると嬉しいです。モチベーション上がります。


それでは、また。